契約、そして残金決済へ・・・

契約、そして残金決済へ・・・

物件が決まり、資金計画等を提示してもらい、問題がなければ契約です。

契約時には手付金が必要です。物件価格に充当される頭金のことです。
完成物件の場合、物件価格の10%。未完成物件の場合、物件価格の5%です。
これはあくまでも目安ですので、売主さえ良ければいくらでもいいのです。
ただ、手付金は手付解除(どちらかの都合で契約を解約すること)の違約金の目安になりますので売主としては安心の為にきっちりと受け取っていたいと考えます。

また、契約時には重要事項説明を行います。物件の詳細について細かく書面化したもので、宅地建物取引主任者によるこの説明がないと仲介会社は宅建業法違反となってしまいます。

契約時に最重要なのはこの重要事項説明ですので、特に注意して説明を聞き、気になる事があれば、納得いくまで質問して下さい。

実はこの重要事項説明まで知らなかったということが結構出てくるもんなんです。
契約書に署名捺印をしてしまってから何をいっても遅いので、きちんとこの重要事項説明で納得した上で契約して下さい。

すべての説明の後、契約書、重要事項説明書への署名・捺印です。

手付金を売主に渡し、契約終了となります。

後は、住宅ローンを使うのであれば銀行への打診をしたり(営業マンがサポートしてくれます)、残金決済(引渡し)に向けての準備をします。

残金決済が終われば、やっと物件は自分の物となります!!


人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。