物件を見よう!!

物件を見よう!!

もちろん物件は見なくては決められませんね。
物件を購入する上で最も慎重に進めなくてはなりません。

では、気になる物件があったら案内してもらいましょう。

建売の場合、完成物件であれば見たままですが、完成している物件ばかりではないので、更地、あるいは建築中の物件を見てもなかなか決められないと思います。ただ、売主業者は今までの施工例を見せてくれたりプレゼンテーションを行ってくれますので、立地が気に入ったら、営業マンに相談しましょう。
完成を見てから・・・などといっていると特に立地条件によっては決まってしまう可能性が高いです。良い物件は更地の段階で決まってしまうのです。

営業マンによっては見たい物件以外にもいくつか物件を用意して案内してくれます。
まったく興味が無い物件を案内されたりもしますが実はそれは営業手法です。
営業マンは案内になるといくつか物件を用意します。要望に近い、決まりそうだなという物件以外にその物件より劣る物件をいくつも用意するのです。そして、あまり良くない物件から案内し、最後に良い物件へと案内します。お客様にとってはどんどん物件が良くなっていくので、最後の方では購入意欲も上がっていて決まりやすいのです。

冷静に判断して、失敗のない物件探しを心がけてください。

物件が決まったら次は契約です!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。