新築一戸建、建売の良さとは・・・

新築一戸建、建売の良さとは・・・

住宅にもいろいろなものがあります。

マンション、中古戸建、新築戸建(建売)、タウンハウス、コーポラティブハウス等々・・・

その中でも新築戸建、建売の良さとはなんでしょうか?

一番のポイントは土地ですね。

マンション、タウンハウスの土地は持分となってしまいますが、戸建の場合土地が自分の物になります。

また、建て替えの際、マンション等では簡単にできないのですが、戸建の場合は自由にできます。

確かに価格で考えたらマンション等の方が相対的に安いのは事実ですが、管理費、修繕積立金等を考えたら月々の支払いはそう大きく変わるものではないのです。

では、中古戸建との比較をしてみましょう。

価格では中古の方がもちろん安いでしょう。

ただ、状態によってはリフォーム代でかなりの費用がかかったりすることもあります。また、一般的に中古住宅の売主は一般の方がほとんどですから、何かあったときの保証までは見てくれません。

それなりにリスクがあるということです。

新築戸建、建売の場合、売主は必ず不動産業者ですから、一般的に10年間は建物の保証をしてくれます。また、土地を買って、自分でハウスメーカーに建築を依頼するのと比較すると、建売の場合、不動産業者がまとめて数棟の建築を行いますので、全体的な価格は安くなってます。

結局は人それぞれの考え方によりますが、各住宅の特徴をよく把握しておきましょう。

不動産営業マンによっては、仲介手数料の関係上、建売を買ってもらった方が全体的な価格が高いので実はいいのです・・・ここだけの話・・・


人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。